「食欲の秋」を堪能! だけど太らない秋ダイエットのポイント!

2013/10/18

秋といえば「食欲の秋」! 食べるもの食べるものが美味しく感じられてついつい食べ過ぎてしまうことも。「夏までは頑張ってダイエットしてきたのに・・・」そんな事にならないように、秋に太らないコツをご紹介します。

 

そもそも、秋はなぜ食欲がわくの?

・夏バテからの回復

夏は暑さ対策のため、冷たいものを飲みすぎたり、冷たいものの食べすぎで胃腸が弱って、食欲不振・夏バテに。秋になって体調が回復すると、胃腸の働きも正常になり食欲がもどってくるのです。

 

・旬の食材が豊富

秋は豊かに実った野菜や果物、脂ののった魚など、美味しさのピークをむかえる旬の食材が豊富です。それらの食材を見ただけで、以前食べた味の記憶がよみがえり、食欲が増してくるのです。

 

・冬に向けての蓄え

寒い冬には、体温を一定に保つためのエネルギーが必要です。そのエネルギー源を確保するために、秋になって肌寒くなると食欲モードにスイッチが入るのです。

 

秋太りを防ぐポイント

・旬の味を楽しむ

9683020320_6c95ba58ab_Rさんま_R

せっかくですから、旬の味覚は存分に味わいましょう。旬の野菜や魚など低カロリーのものを選べば、太る心配はありません。きのこ類や魚を積極的にとるようにしましょう。果物やイモ類、お米はカロリーが高いので、摂取量には注意が必要です。

 

・調理法に工夫を

なるべく余分な調味料や油を使わず、ゆでる、焼く、蒸すなどの調理法を心がけましょう。どうしても油を使う場合は、容器から直接流すのでなく、スプレータイプを活用したり、キッチンペーパーに含ませてから使うと油の量をかなり減らすことができます。

また、野菜などは大きめにカットすると、よく噛むことによって満腹中枢が刺激され、食べすぎを予防することができますよ。

 

・「スポーツの秋」を楽しむ

秋は「スポーツの秋」でもあります。爽やかな空気、美しい景色を楽しみながらジョギング・ウオーキングを楽しみましょう。習慣的に体を動かす事によって筋肉量が増えれば、運動していない時でもエネルギーが消費される基礎代謝量が増えて、太りにくい体を手に入れることができます。少しずつからでも始めてみましょう。

筋肉は主にたんぱく質から出来ているので、筋肉量を増やすためにはたんぱく質が必要です。たんぱく質は摂りだめできないことから、3度の食事で均等に摂ることが大切です。バランス良い食事を心掛けて、たんぱく質を補っていきましょう。

では、たんぱく質が豊富な食品って何なんでしょう?例えば、鶏胸肉100gでたんぱく質は23.3g、納豆1パックで8.4g、たまご1個で6.2gなど。他、以下のような食品があてはまります。

グラフィックス2

  データ元:日本食品標準成分表2015年版(七訂)http://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/1365297.htm

これらのたんぱく質が豊富に含まれている食品をバランス良く食べて筋肉づくりをしていきたいですね。

・「秋の夜長」は禁止

夜更かしは禁止です。充分な睡眠、規則正しい生活を心がけましょう。爽やかな朝日を浴びて、たっぷりの朝食をとることが健康ダイエットの第一歩です。

 

秋を味わいましょう

食べることは、生きていく中での喜びでもあります。美味しい食材が豊富に揃う秋。食材・調理法を工夫して、秋の味覚を満喫しましょう!

 

鈴廣かまぼこ開発のアミノ酸サプリメント

サカナのちから」お試しセット販売中!

bnr_athlete

 

何かご質問等、ありましたらお気軽にコメントやFacebookメッセージでご連絡ください。

 

 

PAGE TOP
サカナのちからの商品をみる!
サカナのちから商品ページで詳しくみる

魚たんぱくを、もっと手軽に、もっと身近に
魚を毎日手軽に摂れる、魚たんぱくがぎゅっとつまった健康食品、それが「サカナのちから」です。
サカナのちからの想い
  • 非常用サカナのちから
  • さっとタンパク
お電話でのご注文
お電話・FAXからのご注文も承っております。
受付時間:8:00~17:00
TEL:0120-136-320  FAX:0120-237-834
ご注文用紙の印刷
直営店での販売
かまぼこの里(鈴なり市場・博物館)小田原駅前店/石橋店/御殿場店で販売しております。
店舗の詳細情報はこちら
PAGE TOP
鈴廣グループ公式サイト
Copyrights © Suzuhiro Co.,Ltd. All rights reserved.