夏バテしないダイエットのコツは栄養バランスの意識

2019/06/01

薄着となり体形が目立つ夏を控え、ダイエットを試みる人も多いと思います。しかし、間違った方法でダイエットを進めると夏バテしかねません。失敗に終わらないように、正しい知識を身につけてダイエットに臨みましょう。

危険なダイエットとは

 理想的なダイエットの体重減少は1ヶ月に1~2kg程度と言われています。しかし過激な食事制限をすると健康を損なうことになりかねません。りんごなど、同じ食事ばかり食べる単品ダイエット。更に自己流の断食による極端な食事制限をすると生存に必要なエネルギーや栄養が不足した状態が続き、内臓にも負担がかかってしまいます。また、断食で飢餓状態になった体は脂肪をため込もうとするため、リバウンドしやすくなってしまいます。

たんぱく質を減らさないことが重要

 エネルギー源となる三大栄養素の糖質、たんぱく質、脂質を含む食材を必要量摂取しない減量も、夏バテにつながってしまいます。なかでも、筋肉をつくる上で欠かせないたんぱく質を減らさないことが重要です。体の中で筋肉が最も、糖や脂肪などをエネルギー源として消費する為、たんぱく質の摂取量が減って筋肉が落ちると痩せにくい体になってしまいます。また、筋肉そのものが減少してしまうと疲れやすくなり、夏バテしやすくなってしまうのです。

栄養バランスよく食べる事が大事

 ダイエットを進める際はバランスのよい食事をする事が大切です。食材を大きく4つに分けると、①日本人に不足がちになる栄養素を含む卵・乳製品、②筋肉や血液など体をつくる肉・魚・豆製品、③体の調子を整えるビタミン・ミネラルを含む野菜・果物、④エネルギー源となる穀物・油脂・砂糖などです。特に①、②、③をバランスよく食べて④は調整程度に食べるのが好ましいバランスの食事です。

手軽にたんぱく質を摂るにはサプリメントがおすすめ

 バランスのよい食事を摂りながら、たんぱく質を減らさないようにしなきゃ、なんだか面倒くさいなぁと考えていた方。最近は食事の代わりにサプリメントを摂ることで栄養バランスを補う方法もあります。今は様々なサプリメントがありますが、特におすすめが魚肉ペプチドです。ペプチドとは数個のアミノ酸がつながった構造で、アミノ酸とたんぱく質の中間の性質をもつ成分です。即ち、ペプチドはまとめてたんぱく質を吸収出来るので効率がよいのです。

たんぱく質利用率

また、上記グラフからも、正味たんぱく利用率(摂取したたんぱく質がどれだけ体を構成するたんぱく質に利用されたかという値)は97%、大豆や牛乳、牛肉、魚肉さえも上回っていることが分かります。

本当は魚を食べたい、たんぱく質を摂りたいのに手間がかかる、時間がない、食べる量を増やせない、という方、ぜひ魚肉ペプチドをお試しになってはいかがでしょうか。

 

本格的な夏が来る前に、今一度普段の食事内容を見直してみてはいかがでしょうか。

関連コラム

・より健康な身体づくりを目指す方へ、良質なたんぱく質の選び方
・サプリメントは飲むタイミングで効果が変わる!ベストなタイミングまとめ

何かご質問等、ありましたらお気軽にコメントやFacebookメッセージでご連絡ください。

鈴廣かまぼこ開発のアミノ酸サプリメント
サカナのちから」お試しセット販売中!

bnr_athlete

PAGE TOP
サカナのちからの商品をみる!
サカナのちから商品ページで詳しくみる

魚たんぱくを、もっと手軽に、もっと身近に
魚を毎日手軽に摂れる、魚たんぱくがぎゅっとつまった健康食品、それが「サカナのちから」です。
サカナのちからの想い
  • 非常用サカナのちから
  • さっとタンパク
お電話でのご注文
お電話・FAXからのご注文も承っております。
受付時間:8:00~17:00
TEL:0120-136-320  FAX:0120-237-834
ご注文用紙の印刷
直営店での販売
かまぼこの里(鈴なり市場・博物館)小田原駅前店/石橋店/御殿場店で販売しております。
店舗の詳細情報はこちら
PAGE TOP
鈴廣グループ公式サイト
Copyrights © Suzuhiro Co.,Ltd. All rights reserved.