ストレッチは禁止?正しいウオーミングアップの方法

2015/04/17

運動前にストレッチは欠かせない・・そう思って実践しているアスリートも多いのでは?
でも間違ったストレッチはパフォーマンスを落とし、ケガのリスクも高めてしまいます。
ここでは、正しいウオーミングアップの方法をご紹介しましょう。

 

ウオーミングアップの静的ストレッチは逆効果

ここで言う間違ったストレッチとは、筋肉や関節を伸ばしたまま一定時間固定する「静的ストレッチ」のこと。必要以上に伸ばしてしまうため弾性が失われ、次のようなリスクを高めてしまいます。

・筋力、瞬発力の低下
筋肉や腱が伸ばされて緩むことにより、筋力、瞬発力が失われてしまいます。クロアチアの大学での研究では、45秒の静的ストレッチにより筋力は平均5.5%、跳躍力や瞬発力も平均3%ダウンしたと報告されており、この研究チームは45秒以上同じ箇所を伸ばさないよう警告しています。

・ケガのリスクを高める
関節まわりの筋肉や腱が緩むことで、ケガを起こしやすくしてしまいます。腱の弾力性がなくなってしまうので、関節にかかった負荷を和らげることができなくなってしまうからです。

 

ウオーミングアップには動的ストレッチ

ウオーミングアップの目的は、筋肉の温度、柔軟性を高め、筋肉の反応速度を上げることです。
動きながら行う「動的ストレッチ」を取り入れて、正しいウオーミングアップをしていきましょう。

 

オススメのウオーミングアップ

  • 5分程度のジョッギング    ・・ゆっくり始め、からだ全体を暖めていきます。
  • 5分程度の動的ストレッチ   ・・肩・腰・股関節・膝をゆっくり回旋します。
  • 5分程度のイメージトレーニング・・競技のなかで実際出てくる動きを軽く行います。

 

また、良い筋肉をつくるたんぱく質やアミノ酸、筋肉のエネルギーとなる炭水化物やアミノ酸を普段の食事やサプリメントで補い、いつも良いコンディションを維持しておくように心がけましょう。

 

クールダウンには静的ストレッチ

静的ストレッチは、運動の後に筋肉の回復、筋肉痛予防のために行います。筋肉は疲労すると収縮する性質があるので、静的ストレッチで伸ばすことで血流がスムーズに循環し、疲労回復を早めることができるのです。さらに、お風呂上がりや就寝前に行えば、柔軟性と高めたり、リラクゼーション効果も期待できます。

また、筋肉の回復のためには、筋肉の素であるアミノ酸を充分にとるようにしましょう。
運動直後やお休み前など、食事で摂るのが難しい時は、サプリメントをうまく活用するのがオススメです。

 

静的ストレッチと動的ストレッチの使い分け

いかがでしたか? 運動前は動的ストレッチ、運動後は静的ストレッチとそれぞれの特長をうまく使い分けることで、トレーニング効果をあげていきましょう。

 

関連コラム

 

魚由来の良質なたんぱく質を補給できる「サカナのちから」 

鈴廣かまぼこ開発のペプチド・サプリメント

bnr_athlete

 

 

 

 

 

 

 

何かご質問等、ありましたらお気軽にコメントやFacebookメッセージでご連絡ください。

 

 

 

PAGE TOP
サカナのちからの商品をみる!
サカナのちから商品ページで詳しくみる

魚たんぱくを、もっと手軽に、もっと身近に
魚を毎日手軽に摂れる、魚たんぱくがぎゅっとつまった健康食品、それが「サカナのちから」です。
サカナのちからの想い
  • 非常用サカナのちから
  • さっとタンパク
お電話でのご注文
お電話・FAXからのご注文も承っております。
受付時間:8:00~17:00
TEL:0120-136-320  FAX:0120-237-834
ご注文用紙の印刷
直営店での販売
かまぼこの里(鈴なり市場・博物館)小田原駅前店/石橋店/御殿場店で販売しております。
店舗の詳細情報はこちら
PAGE TOP
鈴廣グループ公式サイト
Copyrights © Suzuhiro Co.,Ltd. All rights reserved.