ランニングにおすすめのサプリ|選び方や効果的な飲み方など詳しく解説

2020/08/14

ランニングサプリとは、ランナーにとって効果的なサプリのことを意味します。ランニングは、手軽にできるスポーツのため、根強い人気を集めていますが、疲労回復の方法について模索中の人もいるのではないでしょうか。

この記事では、ランナーに向けてサプリで摂取できる栄養素などについて、詳しく説明します。サプリの効果的な飲み方なども紹介しますので、ランニングを継続するために必要な健康維持に役立ててください。

 目次

  • ランニングをするうえでのサプリの役割とは?
  • 【サプリで補える】ランニングに必要な栄養素
  • 【目的別】ランニングサプリの選び方
  • ランニングに効果的なサプリの飲み方
  • まとめ

 

ランニングをするうえでのサプリの役割とは?

ランニングにおけるサプリの役割はさまざまで、大きく分けると以下の3つになります。

  • ランニングのために日常的に摂取して健康を維持する
  • ランニング中に摂取して効果的な走りを実現する
  • ランニング後に摂取して疲労回復につなげる

摂取するタイミングやサプリの種類により、効果も変わります。

 

【サプリで補える】ランニングに必要な栄養素

ランニングで良い走りを行うためには、体の各機能を維持しなくてはなりません。サプリで補給できて、ランナーの体に必要な5大栄養素について解説します。

タンパク質

タンパク質は、体を作る主成分で筋肉や内臓などをつくります。また、運動で傷ついた筋肉の修復を行う重要な栄養素であるため、スポーツを継続するために必要不可欠です。1日に必要なタンパク質の摂取量は、市民ランナーの場合、体重(kg)×1.2~2.0g位とされています。体重50㎏の人であれば、60~100g程のタンパク質が必要です。

タンパク質は体内でアミノ酸となりますが、食品からしか摂取できないアミノ酸もあります。アミノ酸が50個以上結合するとタンパク質、50個未満の場合はペプチドと呼ばれます。

 

糖質

糖質は、体内で一番利用される、即効性の高いエネルギー源です。力や熱になる主成分のため、糖質が不足した状態でランニングを行うと、エネルギーをつくり出すために体内のタンパク質を分解します。タンパク質を分解すると、体内の筋肉量が減ってしまうため、体が動きづらくなるでしょう。ランニングをする上で、糖質はエネルギー源として欠かせない栄養素です。

 

脂質

脂質は、糖質同様にエネルギー源に使われるため、ランナーには必要な栄養素です。皮膚や臓器などの構成成分やビタミンの運搬を助ける働きをします。ただし、摂取しすぎると脂肪となって体内に蓄積され、肥満の原因となるので注意しましょう。

 

ビタミン・ミネラル

ビタミンとミネラルは、エネルギーやタンパク質の代謝を補助する円滑にする栄養素です。ビタミンは、血管や皮膚などを維持し、新陳代謝を促します。ミネラルは、骨など体の構成成分になり、からだの調子を整える働きをします。

ミネラルの1つである鉄は、不足すると鉄欠乏性貧血になり、立ちくらみや疲れやすいなどの症状がおきます。筋肉の機能低下などになる場合もあるため、ランニングをする場合には意識的に摂取したい栄養素の1つです。ビタミンとミネラルは体内での合成が期待できないため、食事やサプリメントからの摂取が必要です。

 

【目的別】ランニングサプリの選び方

目的に合ったランニングサプリの選び方について、解説します。

エネルギー補給

効果的なランニングやトラブル防止のためには、エネルギーの補給が欠かせません。ランニング前には、炭水化物や糖質が含まれるサプリを摂取しましょう。ゼリータイプなどのサプリは、マラソン中に摂取でき、腹持ちもよいため、ランナーにおすすめです。

 

疲労回復

疲労回復には、アミノ酸とクエン酸の摂取が特に効果的です。ランニングによってダメージを受けた筋肉の修復などを行います。同時にビタミンやミネラルも摂取すると、さらに効率的に疲労回復できるため、重要です。

●アミノ酸
アミノ酸とは、タンパク質を構成するものであり、20種類のアミノ酸の組み合わせによって体はできています。スポーツを行うと筋肉は傷つくため、修復が必要ですが、アミノ酸は、筋肉の修復やリカバリーに効果があります。

エネルギー源として摂取する場合には、BCAAがおすすめです。BCAAとは、バリン・ロイシン・イソロイシンといわれる3種類のアミノ酸です。運動時のエネルギー源となり、筋肉を構成するアミノ酸の約40%を占めます。体の負担を軽減し、体調管理も整うため、ランニング前やランニング中の摂取が効果的です。

 

●ミネラル
ミネラルは、ランナーに欠かせない栄養素です。鉄分は、血液中に酸素を運ぶために重要です。不足すると貧血になりやすく、酸素が全身へ運ばれません。カルシウムは、骨の生成に必要なため、不足すると骨がもろくなります。

マグネシウムは、不足すると筋ケイレンや筋疲労などになると言われています。カリウムやナトリウムは、体内の水分量を調節し血圧をコントロールするため、バランスよく摂取することが重要です。コンドロイチンは、 軟骨成分のひとつで、丈夫な関節と滑らかな動きをサポートします。

 

●ビタミン
ビタミンは、健康を保つために栄養素の働きを助ける働きをします。ビタミンB1・B2は糖質・脂質、B6はタンパク質の代謝を助けます。ビタミンBが不足すると、疲労回復しにくくなるため、ランナーには欠かせない栄養素です。

ビタミンCは、免疫力を高める、鉄の吸収を助ける効果があります。ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進させる働きをしますが、不足すると骨折や骨が弱りやすくなります。

 

ランニングに効果的なサプリの飲み方

ランニングをする上で、特に必要なサプリはアミノ酸です。ランニングに効果のあるサプリの飲み方について解説します。

運動前

ランニングを始める20~30分前にアミノ酸系のサプリを摂取すると、脂肪の燃焼をサポートして、エネルギー源になります。体内の疲労物質を抑えるため、ランニング速度を保ちやすくなるでしょう。

 

運動後

サプリは、運動後30分以内に飲みましょう。各栄養素は、体内に吸収されるまでに30分~1時間ほどかかるといわれているため、運動後30分以内の摂取が効果的です。運動後は、プロテインやアミノ酸系サプリの摂取がおすすめです。共に、傷ついた筋肉の修復、リカバリーの効果が期待できます。

 

就寝前

ランニングの前後だけでなく、日頃からアミノ酸を摂取していると、疲労回復に効果的です。アミノ酸には良い睡眠や肌機能の向上などの効果も期待できますので、睡眠前の摂取はおすすめです。プロテイン・アミノ酸・BCAAなどを就寝前に摂取すると、筋肉疲労の早期回復や筋肉痛予防にもなります。

 

まとめ

ランニングは、近年人気のスポーツですが、疲労や筋肉痛などがある場合、効率的に回復しながら続けていく必要があります。そのためにも、飲むタイミングなどにも気をつけながら自分に合うランニングサプリを取り入れましょう。

ランニングでは、筋肉を強化するタンパク質が特に必要です。タンパク質(アミノ酸)は、毎日継続して摂取することで疲労回復に効果があります。

 

さかなのチカラ」は、鈴廣かまぼこが開発した魚肉ペプチドのサプリメントです。大豆をしのぐ魚のアミノ酸バランスや吸収スピード、1,500mgのBCAAなどアスリートにとって魅力的な成分が配合されているため、ランニングの疲労回復にもおすすめです。今なら特別お試しセットが、初回限定・送料無料500円です。ランニングサプリに興味のある方は、ぜひ試してみてください。

「さかなのチカラ」お試しセットの購入はこちら

 

 

関連コラム

 

魚由来の良質なたんぱく質を補給できる「サカナのちから」 
鈴廣かまぼこ開発のペプチド・サプリメント

bnr_athlete

何かご質問等、ありましたらお気軽にコメントやFacebookメッセージでご連絡ください。

PAGE TOP
サカナのちからの商品をみる!
サカナのちから商品ページで詳しくみる

魚たんぱくを、もっと手軽に、もっと身近に
魚を毎日手軽に摂れる、魚たんぱくがぎゅっとつまった健康食品、それが「サカナのちから」です。
サカナのちからの想い
  • 非常用サカナのちから
  • さっとタンパク
お電話でのご注文
お電話・FAXからのご注文も承っております。
受付時間:8:00~17:00
TEL:0120-136-320  FAX:0120-237-834
ご注文用紙の印刷
直営店での販売
かまぼこの里(鈴なり市場・博物館)小田原駅前店/石橋店/御殿場店で販売しております。
店舗の詳細情報はこちら
PAGE TOP
鈴廣グループ公式サイト
Copyrights © Suzuhiro Co.,Ltd. All rights reserved.