要介護になる原因と予防対策

2016/05/21

誰しも歳をとれば衰えていくもの。しかし子供世帯が離れて暮らしていたり、介護されるのも気が引ける…。

もし健康で自立した生活ができる期間を少しでも伸ばすことができれば、こんなにいいことはありませんよね。

実は”いつの間にか要介護”になっていたというケースは少なく、健康から要介護になる境目には必ず「原因」が存在しています。

そこで今回は、介護になってしまう原因とその対策についてご紹介します。

 

1位 脳血管疾患(脳卒中)  21.5%

前日まで元気で突然亡くなってしまった…いわゆるピンピンコロリの原因病ですが、決してあこがれてはなりません。一命をとりとめても脳にダメージを受け四肢に障害が残ることが多く、本人も家族も苦労することになるからです。

要介護の原因で最も高い21.5%であり、実に5人に1人がこれが原因となっています。

大きく2つの症状があり、ひとつは血管が破れて出血性疾患、いわゆる「脳出血」と、もうひとつは血管が詰まってしまう虚血性疾患、いわゆる「脳梗塞」です。どちらも脳に酸素が供給されず機能を損傷してしまい、結果四肢に障害が残る恐い病気です。

その原因のなかでも高血圧、動脈硬化、喫煙は、どれも血管の弾力を弱めてしまうことで、破裂して出血したり、血栓が生じ詰まりやすくなってしまいます。

血管を丈夫に保つためには、その材料となる良質なたんぱく質をしっかり摂り、減塩や栄養バランスのとれた食事を心がけることです。また禁煙、節酒、適度な運動を習慣にするなど、生活習慣を改善すれば、予防できる可能性がとても高いということです。

 

 

2位 認知症 15.3%

偏った食生活で高血圧や脳梗塞などの生活習慣病にかかると、認知症が発症する可能性が高くなります。脳の老化を予防する食生活が大事です。

抗酸化作用を持つ食品には、細胞の老化を防ぐ働きがあります。ビタミンやポリフェノール、魚肉ペプチドなど、緑黄色野菜や魚などに多く含まれているので、意識して食事に取り入れるといいでしょう。

また運動不足による肥満や運動能力の低下も、認知症の原因になります。適度な運動で脳を刺激したいものです。ただ高齢者の場合、長く運動を続けるのは難しければ、自分に合った運動を無理なく続けることが大切です。認知症予防には、有酸素運動を毎日継続することが効果的です。

他にも多量の飲酒やたばこも認知症を発症する確率が高くなることがわかっています。止めるに超したことはありませんが、適量は守り長く楽しみましょう。

 

3位 加齢による衰弱 13.7%

老衰なら仕方ないか…とひとことで片付けてしまって良いものかと思います。テレビ番組で90歳を超えてなお元気に畑仕事をなされている方もいるように、年齢と衰弱とは正比例しているワケでもなさそうです。

ただ、歳をとったら日常生活上は何の支障がないようにみえても、各臓器の能力が低下しているため、環境の変化に対応しきれず体調を崩しやすいので注意が必要です。

 

4位 関節疾患 10.9%

関節でクッションのような役割を果たす軟骨は、老化によって弾力性を失い、すり減っていきます。すると骨同士がこすれ合ったり、すり減った軟骨や骨の破片で炎症を起こします。

同じ姿勢を長時間続けたり、大きな負荷をかけ続けるのはよくありません。膝・腰を深く曲げる農作業をはじめ、重い荷物の運搬、階段や坂道の上り下り、長時間の立ち仕事を長年続けていた人は、老化も加わって煩いやすい傾向にあります。テニス・ゴルフなど腕や肩を酷使するスポーツも同様です。

特に女性は、もともと筋力が弱い上に閉経によって骨がもろくなりがちなので気をつけねばなりません。姿勢を支える筋力を維持するよう適度な運動を習慣化し、無理をせず関節にかかる負担を減らすようにしましょう。

 

5位 骨折・転倒 10.2%

部屋の敷居や階段など、僅かな段差につまずいて転倒し骨折してしまうと、入院することがあります。1週間ベッドに寝たきりになってしまうと、なんと20%も筋力が低下してしまいます。2週間なら36%、3週間なら68%も!骨折や打撲は治っても、ベッドから起き上がれなくなりそのまま介護状態へ…。

原因は筋力の衰えにより思ったより足が上がらなくなっていることです。さらに着地の際、若い頃はつま先が上がっていたのに対し、歳をとると上がらなくなり、いわゆるべた足で着地するために小さな段差につまずいてしまうのです。

 

 

ご紹介した5つの原因ですが、どれも筋肉や血管、内臓など身体の各機能が低下することによって引き起こされています。この機能を維持するには「運動」と「栄養」をしっかりとることが大切なことがわかります。特に「たんぱく質」はこれらの材料となりますので、3食きっちりと意識すると共に、運動もあわせて行なうことで機能を維持していきましょう。

 

関連コラム

 

鈴廣かまぼこ開発のたんぱく質補給サプリメント

サカナのちから」お試しセット販売中!

senior_bnr

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かご質問等、ありましたらお気軽にコメントやFacebookメッセージでご連絡ください。

 

PAGE TOP
サカナのちからの商品をみる!
サカナのちから商品ページで詳しくみる

魚たんぱくを、もっと手軽に、もっと身近に
魚を毎日手軽に摂れる、魚たんぱくがぎゅっとつまった健康食品、それが「サカナのちから」です。
サカナのちからの想い
  • 非常用サカナのちから
  • さっとタンパク
お電話でのご注文
お電話・FAXからのご注文も承っております。
受付時間:8:00~17:00
TEL:0120-136-320  FAX:0120-237-834
ご注文用紙の印刷
直営店での販売
かまぼこの里(鈴なり市場・博物館)小田原駅前店/石橋店/御殿場店で販売しております。
店舗の詳細情報はこちら
PAGE TOP
鈴廣グループ公式サイト
Copyrights © Suzuhiro Co.,Ltd. All rights reserved.