トップお知らせ > サカナのちからニュース14号

お知らせ

サカナのちからニュース14号

2014/01/18

◆車いすランナー土田選手 2013ホノルルマラソン優勝!

2013年最後を締め括る『2013ホノルルマラソン』に出場!
例年よりも風が弱く、良いコンディションの中、早朝4:55に車いす部門がスタート。
スタートから先頭に立つと10kmまではコース記録を上回るペースで後続を引き離し独走態勢に、その後も危なげないレース運びで42.195kmを走り抜き、そのままトップでゴール!
見事2年連続、8度目の優勝を飾りました。

土田選手から『お陰様をもちまして、今年のレースも今大会で無事終了し良い形で終わることができました。今年は春先に、体調を崩しボストン、ロンドンを欠場することとなり不安な幕開けでしたが、7月の世界選手権で銀メダルを2つ獲得し、秋の大分で12年振りにマラソンの公認世界記録を更新と、後半は良いレースが出来ました。2014年は2月の東京マラソンからスタートし、また新たな目標に向かって精進して行きたいと思います。引続き、ご声援ののほど宜しくお願い致します。』とのコメントをいただきました。

2014年の最初のレースは、東京マラソン!ぜひ、皆様の暖かい応援をよろしくお願いします!

 

◆第90回箱根駅伝 帝京大学8位、拓殖大学9位で次回大会シード権獲得!

記念大会の第90回は23校出場。今年は帝京大学、拓殖大学の両チームが出場しました。往路序盤は、両校出遅れる展開でしたが、拓殖大は2区で7位と順位を上げ、後半安定した走りで往路6位。帝京大は、序盤の出遅れを3区、4区で挽回しシード権まで2分11秒遅れの12位で往路ゴール。

復路は、帝京大は7区蛯名選手が9人抜きするなど、5区間中3区間で大学記録を樹立し8位でゴール!拓殖大は9区、10区の4年生が安定した走りをして9位でゴール!両校ともシード権獲得!

両チームの走りを見ると、安定した走りが出来ているということが分かります。
両監督に話を伺うと、全選手がいつも通りの力を発揮するには、普段からの体調管理、体づくりが大切なことだと言います。その中で、「サカナのちから」は選手のコンディショニングに非常に有効であるとコメントをいただいています。拓殖大学の岡田監督は、膝にも良いと話しておりました。

選手層が厚い両チーム。来年の箱根駅伝が非常に楽しみです!これからも、選手皆様にあつい応援をよろしくお願いします!

 

過去の「サカナのちから」ニュース記事
大瀬選手 2015年UTMF参戦レポート
大瀬選手 富士登山競走レポート
大瀬選手 2015年UTMB参戦レポート
2015年10月13日 モニターキャンペーン「毎日のリカバリーで フルマラソンを走りきろう!」
サカナのちからニュース16号
過去のサカナのちからニュース記事一覧へ

魚たんぱくを、もっと手軽に、もっと身近に
魚を毎日手軽に摂れる、魚たんぱくがぎゅっとつまった健康食品、それが「サカナのちから」です。
サカナのちからの想い
  • 非常用サカナのちから
  • さっとタンパク
お電話でのご注文
お電話・FAXからのご注文も承っております。
受付時間:8:00~17:00
TEL:0120-136-320  FAX:0120-237-834
ご注文用紙の印刷
直営店での販売
かまぼこの里(鈴なり市場・博物館)小田原駅前店/石橋店/御殿場店で販売しております。
店舗の詳細情報はこちら
PAGE TOP
鈴廣グループ公式サイト
Copyrights © Suzuhiro Co.,Ltd. All rights reserved.