スポーツシーズン到来!筋肉痛を予防するための4つのポイント

2013/09/03

スポーツの秋到来!お子様の運動会や会社のスポーツ大会に参加する機会もあることでしょう。
普段運動する習慣のない方は、頑張りすぎた後の筋肉痛が心配ですね。今回は、筋肉痛にならないための4つのポイントをご紹介します。

 

予防法① ウォーミングアップ

普段から運動をしている人でも、筋肉に大きな負担をかけると筋肉痛になります。ましてや運動の習慣のない方がいきなり激しい運動を行うと、筋肉痛ばかりか靭帯や腱の損傷など、大きなケガを起こすリスクが高くなります。運動前のウォーミングアップをしっかり行いましょう。

まず、ウォーキングや軽めのジョギングで体を温めた後、筋肉の柔軟性を良くするためにストレッチを行います。呼吸しながら各部位20秒ほど、ゆっくりと筋肉を伸ばしましょう。体の中から温まる感じがすれば準備OKです。

 

予防法② クールダウン

運動後は急に寝たり休んだりせず、軽いランニングでクールダウンし、血液の循環を急激に落とさないようにしましょう。運動後の短時間の有酸素運動は、疲労物質を除去する効果があります。その後、使った筋肉をストレッチで伸ばしてから休息するようにしましょう。

 

予防法③ 温→冷→温

運動後、筋肉の痛みが出ていない時は温めるようにしましょう。筋肉組織の血液の循環が良くなるので筋肉痛になりにくくなります。
痛みがある時は、炎症を起こしているので冷やして痛みがおさまってから温めるようにしてください。
温めるにはお風呂やサウナ、マッサージなどがおすすめ。38~40度のお湯にゆっくり入るのが血行促進には効果的です。運動会後にご家族で温泉に行って一休み、などいかがでしょうか?

 

予防法④ たんぱく補給

運動後に、使って損傷した筋肉を修復するために、筋肉の原料であるたんぱく質をとるようにしましょう。すぐ食事というのが難しい時は、アミノ酸のサプリメントを利用すると良いでしょう。

筋肉痛の中でも、運動後、数時間から数日経ってから感じる筋肉の痛みを「遅発性筋肉痛」といい、筋肉の損傷や炎症などが原因ともされています。 この遅発性筋肉痛がアミノ酸の摂取によって軽減されるかどうかを検証したデータがあります。 BCAAなどのアミノ酸を摂取または非摂取の2グループに分け、肘の関節の曲げ伸ばし運動を継続し、その後の筋肉痛や筋肉損傷の程度を測定したところ、アミノ酸摂取グループでの程度が低く、効果があったことが認められています。
引用:味の素グループ アミノ酸大百科「スポーツとアミノ酸」より 
https://www.ajinomoto.co.jp/amino/himitsu/sports.html
 

 

特にアミノ酸が固まった状態のペプチドのサプリメントがおすすめです。
筋肉修復のタイミングにうまく合わせることができ、筋肉痛予防、疲労回復に有効です。
golden-time
引用:当サイト内「スタミナサプリで運動前後の栄養補給」 https://sakanano.com/athlete/otameshi.html?top
 

筋肉痛を防いで、楽しく運動を!

筋肉痛を防ぐ4つのポイントをご紹介しましたが、一番の予防法は、日頃から運動をして体をならしておくこと。ジョギングやウォーキングを習慣にして、筋肉痛になりにくい体づくりをはじめましょう!

 

関連コラム

 

 

鈴廣かまぼこ開発のアミノ酸サプリメント

【40歳以上のランナー必見】 毎日リカバリーための栄養摂取法を公開中!

otameshi_img

 

PAGE TOP
サカナのちからの商品をみる!
サカナのちから商品ページで詳しくみる

魚たんぱくを、もっと手軽に、もっと身近に
魚を毎日手軽に摂れる、魚たんぱくがぎゅっとつまった健康食品、それが「サカナのちから」です。
サカナのちからの想い
  • 非常用サカナのちから
  • さっとタンパク
お電話でのご注文
お電話・FAXからのご注文も承っております。
受付時間:8:00~17:00
TEL:0120-136-320  FAX:0120-237-834
ご注文用紙の印刷
直営店での販売
かまぼこの里(鈴なり市場・博物館)小田原駅前店/石橋店/御殿場店で販売しております。
店舗の詳細情報はこちら
PAGE TOP
鈴廣グループ公式サイト
Copyrights © Suzuhiro Co.,Ltd. All rights reserved.