長雨にめげない! 雨の日のマラソントレーニングのポイント

2016/09/19
3802901392_9c0b3b9820_R

台風や秋の長雨・・・秋のマラソンシーズンに向けて走り込みしたいのに、思うようにトレーニングできなくて・・とお悩みのランナーも多いのではないでしょうか。ここでは雨の日のマラソントレーニングのポイントについてご紹介します。

 

屋外を走る

メリハリをつけて走る

体へのダメージが少ないと思われる程度の雨なら、雨でも行われる大会の良いトレーニングと気持ちを切替えて、思い切って屋外を走りましょう。
ただし、長時間のランニングは冷えによる筋肉のケガにもつながりかねません。
スピード走や坂道走を取り入れて、短時間で効率よく、スピード強化につながる様なトレーニングを心がけましょう。
冷えや痛みなどのトラブルの予兆があったらすぐに戻れるよう、自宅近くの近くの周回コースでラップを重ねる走り方がおすすめです。

ウェアなどのポイントは「雨ニモ負ケズ! 梅雨シーズンのランニングのコツまとめ」を参考にして下さい。

 

屋内を走る

トレッドミルで走る

フィットネスクラブ等に入会していて、トレッドミルで走る事ができる人は活用しましょう。
この場合、気をつけたいのは、特定の筋肉だけにストレスがかかりがちな事。
マッサージやストレッチなど、トレーニング後のケアに充分時間をかけて下さい。

 

室内コースを走る

最近の公共施設には、室内ランニングコースがある体育館や、屋根付きの屋外ランニングコースのあるスポーツセンターがあったりと、ランニングにも充実した施設が多くなってきました。
ぜひお近くに充実した公共施設がないか探して見てください。
シャワー施設も充実しているので、トレーニング後汗を流してさっぱりと帰宅することができるでしょう。

 

違うトレーニングをする

筋トレをする

ランニングフォームを改善し、疲れにくい走り方につながる体幹トレーニングや、走力の向上につながる腹筋・スクワット・腕ふりなどの筋トレを行いましょう。
筋トレは、鍛える筋肉に意識を集中して行うことがポイントです。

 

クロストレーニングをする

プールや体育館を利用できるなら、スイミングやエアロバイクなどのランニング以外のクロストレーニングを行ってみるのも良いでしょう。
持久力を高めるトレーニングができれば、必ずマラソン力強化のトレーニングにもなっているはずです。

 

トレーニング後のケアを大切に

屋外を走る時は、冷えによる萎縮やダッシュによる負荷、屋内で走ったり違うトレーニングをする時は、普段使わない筋肉を使ったりと、筋肉にとって雨の日のトレーニングは、普段とは違う負担が相当かかります。

せっかくのトレーニングがケガにつながらない様、クールダウンのストレッチやマッサージ、トレーニング直後のアミノ酸補給など、トレーニング後の筋肉ケアは充分に行いましょう。

 

参考コラム

 

魚由来の良質なたんぱく質を補給できる「サカナのちから」 
鈴廣かまぼこ開発のペプチド・サプリメント

bnr_athlete

 

 

 

 

 

 

 

何かご質問等、ありましたらお気軽にコメントやFacebookメッセージでご連絡ください。

PAGE TOP
サカナのちからの商品をみる!
サカナのちから商品ページで詳しくみる

魚たんぱくを、もっと手軽に、もっと身近に
魚を毎日手軽に摂れる、魚たんぱくがぎゅっとつまった健康食品、それが「サカナのちから」です。
サカナのちからの想い
  • 非常用サカナのちから
  • さっとタンパク
お電話でのご注文
お電話・FAXからのご注文も承っております。
受付時間:8:00~17:00
TEL:0120-136-320  FAX:0120-237-834
ご注文用紙の印刷
直営店での販売
かまぼこの里(鈴なり市場・博物館)小田原駅前店/石橋店/御殿場店で販売しております。
店舗の詳細情報はこちら
PAGE TOP
鈴廣グループ公式サイト
Copyrights © Suzuhiro Co.,Ltd. All rights reserved.